日本の製造業の課題や問題点考えさせられる_富士荒川化学工業爆発事故

 

 

 

スポンサードリンク



 

 

 

富士市、荒川化学工業の爆発事故

 

 

 

1日午前8時、富士市の荒川化学工業で
大規模な爆発事故が発生しました

 

 

 

富士市の荒川化学工業では印刷用のインクなどを製造しており、
製造過程には引火性のある有機溶剤なども使用されていたとのことで

 

 

 

爆発事故による近隣の建物への被害、
有害物質の飛散による
周辺地域への影響など、二次被害も懸念されます

 

 

 

日本の製造業で掲げられる人命を軽視するスローガン

 

 

 

「納期は命より重い」をスローガンに操業をしていた日本のとある製造会社においても

作業員が生産設備に巻き込まれ命を落とす事故が発生しています

 

 

 

「顧客に対する意気込みで」という意味合いにしても、
そんな心ないスローガンのために、追い込まれながら働く作業者はどのような心境なのでしょうか

 

 

 

今回の爆発事故ではどのようなスローガンの元で日々の操業が行われていたのでしょうか?

 

 

 

スポンサードリンク



 

 

 

日本の製造業、おざなりにされる課題や問題点

 

 

 

何より重大なのは
今回の事故は人命が失われている事故であるという点です

 

 

 

日本の製造業において
事故を起こすのは個人でも
事故を起こさせるのは組織です

 

 

 

日々おざなりにされているであろう日本の製造業の課題や問題点について

会社単位ではなく、各個々人の単位で

今一度真摯に見つめ直す必要があるのではと、深く考えさせられた出来事です

 

 

 

スポンサードリンク