血液に菌が入る原因はなぜ?大腸菌混入血液製剤の事故

 

 

 

 

大腸菌の入った血液製剤で女児亡くなる

 

 

 

大腸菌の混入した血液製剤を輸血された10歳の女児が
問題の血液製剤が原因と見られる容体の変化によって亡くなるというニュースが報じられました

 

 

 

スポンサードリンク



 

 

 

血液製剤は献血によって採取した血液から作られる薬剤なので、
献血者の血液に大腸菌が入っていたということになります

 

 

 

大腸菌の入った血液とかこわすぎる

 

献血者の血液に大腸菌という原因が解せない

 

血液に大腸菌!?

 

血液になぜ大腸菌が混じる??

 

献血をした人の血液中に大腸菌がいたということ?

 

 

 

 

血液に大腸菌が混入した経緯について
疑問を抱くコメントが多数見られました

 

 

 

スポンサードリンク



 

 

 

血液に大腸菌が入る原因

 

 

 

血液に大腸菌が入る原因で考えられるものとして

敗血症や菌血症が挙げられます

 

 

 

敗血症と菌血症はほぼ同義で
臓器、もしくは体組織のどこかに細菌の感染源があって、そこから細菌が血液中に流出している状態をさします

 

 

 


今回のケースでは血液に大腸菌が入っているので、
献血者が病気など、何らかの理由で
腸の細菌が血液に入った状態のまま献血をしたことになります

 

 

 

献血の際に気が付くことは可能ではなかったのか?
この悼ましい事故に、女の子のご冥福をお祈りします

 

 

 

 

スポンサードリンク