主文後回しとは?意味と理由がヤバい・・【裁判】

 

 

 

スポンサードリンク



 

 

 

主文後回しとは、裁判における主文
(結論、刑の内容)を先に述べず
理由や判決の要旨などを先に伝えること
という意味です

 

 

 

スポンサードリンク



 

 

 

主文後回しを用いる意味

主文後回しは、重大な罪に対する判決の際に
用いられる場合が多いようで、
主文後回しによって被告人の動揺を少なくする意味があるとされています

 

 

 

冒頭から極刑を告げられてしまい
被告人が放心状態で終止無言という裁判では
あまりにも機械的すぎるという配慮もあるのかもしれません

 

 

 

主文後回し、でも執行猶予となるケースも

 

 

主文後回し=極刑
というイメージが浸透していますが、
中には例外も存在するようです

 

 

 

主文後回しとなるケースについて
被告人に反省や更正を促す意味でも
主文後回しとなるケースがあるようです

 

 

主文後回しとする意味、理由として
裁判官自身が被告人に対し、
特に伝えたい事がある場合に主文後回しとする傾向があり、

言い渡される刑は別として、
裁判官と被告人の人同士としてのやりとり
という意味合いもあるのだと感じました

 

 

 

みなさんは裁判とは無関係かと思いますが
主文後回しになるような事案は起こさないようにしましょう!

 

 

 

スポンサードリンク