千枚通し、使い方次第でたこ焼きにもイケる!キリとは違う? ?

 

 

 

最近は物騒な事件に千枚通しが使われています
しかし、本来の千枚通しはそういった方法に使うものではありません!

 

 

 

千枚通しについて、
その使い方に疑問を抱くネットユーザーが増えているようです

 

 

 

千枚通しの使い方についてネットの声

 

 

 

千枚通しの使い方、
というか何に使うかが分からない・・

 

 

たこ焼きに使うアレって千枚通しじゃないの?
ひっくりかえすやつ?
たこ焼き以外に使い方あるの??

 

 

最近の若い奴は千枚通しとキリの区別も付かなくなっちまったのか??
とか言ってる俺は大工の見習い

 

 

千枚通しとか普段使わないよな
最後に見たのはいつだったか、、、

 

 

千枚通しについて、
あまり馴染みのない方が多いようです

 

 

 

便利な現代ですから、
千枚通しのような昔ながらの道具は
いまひとつ認知されづらいのでしょうか?

 

 

 

スポンサードリンク


千枚通しってそもそもなに?

 

 

 

千枚通しとは元々紙に小穴を開けるための道具です

 

 

 

木製の柄に数センチ~10センチほどの長さでやや太めの金属針が付いています
使い方はシンプルで、尖った部分で紙をさすだけです
結果、紙に穴が開きます

 

 

 

千枚通しで千枚の紙を貫通しきれるかどうかは不明ですが
古くからの名前で千枚通しと呼ばれています

 

 

 

スポンサードリンク



千枚通しは使い方次第でたこ焼きにも?

 

 

 

たこ焼きでひっくり返す時に使うアレも千枚通しです

 

 

 

たこ焼きにしても、紙の穴あけにしても、
同じ千枚通しを使うことは可能ですが
料理道具と、工具ではやはり別々に使い分けをしたいところですね(^^;)

 

 

 

祭りの屋台で手際よくたこ焼きを焼くオッチャンの手には
千枚通しが握られているのです!!

 

 

 

千枚通しはキリとは違う?

 

 

 

千枚通しとキリは似ているようで違います
その大きな違いは先端部分で

 

 

角のない方が千枚通し(円錐)
角の立っているのがキリ(角錐)

という具合に見分けることができます

 

 

 

用途もそれぞれに違うので
目的にあわせて道具を選びたいですね

 

 

 

千枚通しは紙に穴を開ける道具で
キリは木材に穴を開ける道具です

 

 

 

この記事を読まれた方は
ぜひ覚えておいてくださいね!

 

 

 

スポンサードリンク