桂歌丸師匠 若い頃のタバコ本数が病気の(肺炎)原因?

 

 

 

笑点でおなじみの桂歌丸さん、
現在は肺炎を患い、酸素チューブを付けながらも、落語の高座で活躍しています

 

 

 

若い頃はタバコを吸っていたとのことで
それが現在の病気の原因では?と言われています

 

 

 

「継続して精進していくことが人生において一番大事」

 

 

 

この言葉を日々口にしているという桂歌丸さん
金言とも言える言葉と桂歌丸さんの落語に対する姿勢には、弟子ではない私ですら、頭の下がる思いがします

 

 

 

桂歌丸さんについてネットの声

 

 

 

桂歌丸師匠の若い頃やべえは、
ウィキの画像ならアウトレイジに出られる勢い

 

 

桂歌丸師匠、若い頃はタバコの本数すごかったらしい
今は禁煙してるのだろうか?

 

 

桂歌丸さんに限らずだけど、
タバコは肺炎とか、いろいろな病気の原因になるからやめた方がいいと思う

 

 

誰しも若い頃は無茶するもんじゃないか?
俺も肺炎になってタバコの本数を減らした
やめられたら良かったんだが

 

 

桂歌丸さんの若い頃や
愛煙家だったことに関するコメントが多く見られました

 

 

 

スポンサードリンク



 

 

 

 

桂歌丸さんが若い頃に吸っていたタバコの本数が多過ぎ??

 

 

 

桂歌丸さん、若い頃はかなりのヘビースモーカーだったようで、
1日のタバコ本数は60本~70本だったとも言われています

 

 

 

昔は現在よりもタバコが安かったかもしれませんが、
現在の価格で同じだけの本数を吸うとタバコだけでとんでもない金額になりそうですね

 

 

 

スポンサードリンク



 

 

 

桂歌丸さん、現在は禁煙している?

 

 

 

 

桂歌丸さんは肺に大きい病気を抱えているとのことで、
現在は禁煙していると考えられます

 

 

 

現在、タバコの本数を抑えられない方
時には健康を考えることも大切ですよ!

 

 

 

 

スポンサードリンク