日野皓正(ひのてるまさ)さんは

世界的なジャズトランペット奏者です

 

そんな日野皓正さんが、

中学生を激しくビンタするショッキングな動画が

YouTubeにアップされ波紋を呼んでいます

 

 

スポンサードリンク



 

 

事件はジャズ・コンサートで

 

 

事件は8月20日、

 

東京都世田谷区で開催された

ジャズコンサートの最中に起こりました

 

 

「生徒がソロパートでなかなか演奏を止めなかった」

 

「進行に支障が出ると判断した」

 

 

などの理由から演奏を中断させたという始終ですが

 

公開されている動画には

「明らかにやりすぎだ」という批判の声が挙がっています

 

 

 

 

日野皓正さん世田谷区ビンタ動画視聴者のコメント

 

・日野さん、これはいけない

 

・日野皓正氏の演奏にはいつも心を打たれるが
何も顔まで打つことはない

 

・ヤバすぎてみるのやめたわ

 

・中学生が気の毒すぎる

 

・表現力豊かな年頃、
自由に演奏させてあげるべきでは

 

・行きすぎた情熱はここまでさせるのか・・

 

 

 

 

体罰を受けた学生をフォローするコメントや

 

日野皓正さんの行動を批判するコメントなどが見られました

 

 

スポンサードリンク



 

 

演奏は体罰でなければ止められなかった?

 

 

 

動画を視聴していただけるとわかりますが

 

ドラム奏者の学生は

スティックを取り上げられた後も素手でドラムを叩いています

 

普通は自制できるはずが、

なぜこのようになるのか?

 

この学生は

演奏中に「狂騒」の状態であったと考えられます

 

我を忘れて演奏にのめり込んでしまっていた可能性があります

 

正常でない演奏を停止させるには

やはり、いくらかの力を使う必要があったのかもしれません。

 

 

 

日野皓正さんの体罰、生徒に怪我はなかった

 

後日の報道で、

生徒に怪我はなく、日野皓正さんに学生の方が謝罪していた

 

という情報がありました

 

このことから

日野皓正さんの体罰はあくまでも

「学生の演奏を止めさせるためのものであった」

ということがわかります

 

日野皓正さんの行動は一見脅威的に見えて、

実は教え子に対する愛の込められた行動だったと解釈する方が適切かもしれません

 

 

音楽は常に芸術的です

しかし時として、このような危険も含んでいるのだ

ということを目の当たりにした今回の騒動でした・・・

 

 

みなさんも、カラオケなどではっちゃけすぎると

どこからか愛のビンタが飛んできますよ!!

 

 

スポンサードリンク



 

 

日野皓正さん体罰ビンタ騒動、後日報道に対するコメント

 

 

・できれば体罰以外の方法が欲しかった

 

・日野皓正さん、愛の鞭だったのか

 

・私親なら間違いなく日野さんに謝りに行かせる

 

・子供の方が危険かもな

 

・世田谷ジャズはパンクかよ

 

・こういう「セッション」もありってか?