6月13日、業務提携を発表したユニー・ファミリーマートホールディングスとドンキホーテホールディングス。
ファミマといえばだれもが知っている便利なお店、
ドンキホーテといえば何でも揃う激安の殿堂。
その両者が手を組んだ時、
わたしたち消費者にはどのような恩恵があるのでしょうか。

今回は業務提携を発表したユニー・ファミリーマートホールディングスとドンキホーテホールディングスの今後を記事にしました。

 

 

スポンサードリンク



 

 

ファミマ、実は総合スーパーが傘下企業だった

ファミマは全国展開のコンビニエンス・ストアです。
その傘下企業には総合スーパー「ユニー」も含まれています。
「ユニー」は東海地方を主軸に、総合スーパー「アピタ」と「ピアゴ」を展開しています。
しかし近年の売り上げ低迷から、不振の総合スーパーを業務提携したドンキホーテに託す形となっています。

ドンキホーテの得意技は”居抜き”

ドンキホーテが大型ディスカウント・ストアとして拡大できたのは

閉店した総合スーパーなどの店舗をそのまま利用する
”居抜き”という方法を使ってきたからとされています。

不振の総合スーパーをドンキホーテに託す今回の業務提携は、
形は違えどまさに大規模の”居抜き”であるとも考えられます。

 

 

スポンサードリンク



 

 

ファミマとドンキが提携で今後はどうなる??

総合スーパー不振の原因として挙げられるのは、
2階の衣料品店舗の集客力の弱さと、販売スペースを生かしきれなかった点にあるとされています。
その一方で、生鮮品を扱う1階は総合スーパーの強みとなっています。

「ドンキは2階3階が強い。ユニーは(1階の)生鮮に長がある」

ユニー・ファミマHDの高柳浩二社長はそうコメントし、
それぞれの得意分野を生かせるとアピールしていました。

ファミマとドンキが提携について、ネットの声

近所に店舗が多い俺氏、圧勝の予感

ポイントカードも合併してほしい

ファミマに情熱価格が並び、ドンキに無印良品の品物が並ぶかもな

ファミリードンキになるのか・・・

閉鎖が決まってるアピタ・ピアゴの店舗を使って、安く事業拡大するつもりだな

金が無いのは首が無いのと一緒とはよく言ったものだ

アピタがドンキになるとは胸熱

サークルK「・・・・」

 

 

スポンサードリンク