カレンダーの「大安」や「仏滅」という言葉、誰でも一度は見たことがあるはずです。

「意味は?」
「なぜ書いてあるの?」
と疑問に思ったことありませんか?

カレンダーには、先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口といった6つの言葉が書かれており、
これを「六曜」と言います。
もちろん、それぞれに意味があります。

今回は、六曜の意味や由来について覚えておきたいポイントを紹介します。

六曜は占いの一種

「結婚式は大安に挙げると縁起がいい」とか
「友引の日はお葬式を避けたほうがいい」とか昔から言われています、
六曜とは中国で生まれた占いの一種です。
正しくは吉凶を示す暦注で、
縁起が良い「吉日」や悪い運が寄りやすい「厄日(凶)」の目安となっていて、
さらに良い時間帯や悪い時間帯を表す意味があります。

六曜の由来、活用法

六曜の由来に関する正確な文献は発見されていませんが、
中国で生まれた五行思想(陰陽道)の一つで、時間を基準にして吉凶を占うための方法だったそうです。

大安・・・時間帯に関係なく一日中が吉日。
友引・・・お祝いごとは昼以外に!葬式は1日を通してNG
先負・・・午前中は凶。午後からは大吉。
先勝・・・午前中は吉。午後からは凶。
赤口・・・11:00~13:00までは吉だが、基本的に凶が強い日。
仏滅・・・時間帯に関係なく一日中が凶の日。

六曜の概念は、自分にとって幸せを引き寄せたい日は吉日に行動したり決断したりするのが好ましいという考えで、
反対に凶を引き寄せる日には大切な判断を避けるのが基本となります。
ビジネスチャンスなら商談や打ち合わせ、
結婚に関することなら入籍や挙式、
プロポーズやお見合いなども大安がベストと言えそうです。
そのほかにも、時間帯を上手に使って吉を引き寄せ凶を遠ざけるのも六曜の特徴。
大事な場面で“神頼み”したいときには、六曜を参考にするのも一つの手段かもしれませんね。