浴室のカビは一年中注意!

カビ対策というと梅雨時期のイメージですが、
浴室では一年中注意が必要です。

今回は黒カビの対処法を紹介します。

カビは発育させないことが重要

カビは10万種類くらい存在します。
浴室だけでなく、一年中どんなところにもいて、
居心地のいい場所を見つけると付着して発芽。
菌糸をのばし、新たな胞子を生み増やしていきます。

浴室はカビを増やしやすい

カビにとって居心地のいい場所の条件とは、

【1】室温20~30℃
【2】湿度70~90%
【3】栄養と酸素がある場所

といわれています。

つまり浴室こそ、
カビが発育しやすい最適な場所というわけです。

しかし、先述の3条件がそろわなければ、カビは発育できません。

毎日できる簡単な対策

【1】入浴後は水をかけて室温を下げる。
【2】湿度を下げるため、水気を拭い換気する、
【3】カビのえさとなる皮脂などの汚れや湯あか、石けんかすを洗い、清潔に保つ。

これら3つのうち、どれかひとつを続けていれば、カビは防ぐことができます。

すでに生えてしまったカビは除菌と漂白

カビの色素は、カビ取り剤でしか落ちません。
市販のカビ取り剤を使うと、除菌も漂白もできて便利です。
一度で落ちなくても、何度か続けるうちに色が落ちてくるはずです。

カビは発育させないことが重要です。

梅雨の時期だけでなく、一年中気にかけましょう!